オリンピック男子バレーがアルゼンチンに勝つには?速さが最大の攻略方法

オリンピック男子バレーがアルゼンチンに勝つには?と書いてある写真 全日本編

パリオリンピック、男子バレーの第2戦目はアルゼンチンと対戦します!

日本時間7月31日(水)20時~です!第1戦のドイツ戦といい、見やすい時間帯で本当にお礼を言いたいですね!NHKが放送してくれるようです!

アルゼンチンとは5月22日、2024ネーションズリーグで戦ったばかりです!3-1で日本が勝利したものの、どのセットも得点が僅差だったので簡単には勝たせてくれなさそうです!

この強豪アルゼンチンと戦った場合の有効的な勝ち方を考えてみたのでご紹介しますね!

オリンピックではアルゼンチンに対して速さが最大の攻略方法になる

ネーションズリーグを観てて、

アルゼンチンは基本に忠実なチームなんだね!

どちらかというと守備重視なのかな

と感じました。特に注目はアルゼンチンのブロックです!

  • ブロックは最低でも2人飛ぶ!間に合えば3人飛ぶ
  • ブロックする時は仲間との間を空けない、まっすぐ上に飛ぶ

関田誠大選手のレフトやライトのオープントスに、アルゼンチンのブロックは遅れることなくしっかり飛んできます!

しかもブロックに走ってきて身体がななめになった状態ではなく、ちゃんとまっすぐ上に飛んできます。

まっすぐ上に飛ぶことで高さで勝負することができるわけです。ドイツ戦のように遅れたブロックだと相手の手の平にあててブロックアウトを狙えたりしますが、それは難しくなります。

オリンピック第1戦のドイツとの試合を考察した記事はこちらです!

オリンピック男子バレーがドイツに勝つには?ミドルブロッカーとサーブがカギ
オリンピックがもうすぐ始まりますね!ネーションズリーグが終わったばかりのバレーボールですが、またすぐ真夏より熱い戦いが観れるのが楽しみです! 初戦のドイツはネーションズリーグでは6月5日に戦い、フルセットで日本が勝利しています! オリンピッ

では日本はどう戦うのがベストなのか?それは速攻!クイックです!

レフトやライトのオープントスのブロックがアルゼンチンは得意な反面、日本の速い攻撃にはブロックが間に合わなかったり、ブロックが1人になったりしています。

センターへのトスはアルゼンチンが3人ブロックにつく可能性ありますが、序盤はセンターの山内晶大選手や髙橋健太郎選手の速攻が効くと思われます!

センターからの攻撃を増やすと、レフトやライトのブロックがだんだん遅くなるはずです。

ネーションズリーグから想像すると、中盤からはレフトの甲斐優斗選手やライトの西田有志選手の攻撃が機能してくると考えられます。

オリンピックはネーションズリーグでいなかった選手に期待

ネーションズリーグでは石川祐希選手と高橋藍選手が不在でした。それでも3-1で勝てたのでオリンピックにこの2人が入ってくるとまた面白い展開になるのではないかと思うのです!

守りのアルゼンチンに対して攻めの日本だね!

基本に忠実なアルゼンチンと予想できない攻撃をしてくる日本とも言えるね!

そんな構図が浮かびます。

日本の”予想できない攻撃”とはフェイクセットです!有名なのは2球目で石川祐希選手が打つと見せかけて直前でトスに切り替え、レフトの高橋藍選手やライトの西田有志選手が打ってくるという難しい技です!

フェイクセットの詳しい記事はこちらです!
今一番おもしろい攻撃なんです!

バレーのフェイクセット対策4つ!1球目のボールで見分けると一目瞭然
バレーボールをやっていたり、観戦してたりすると『2球目がフェイクセットなのかスパイクなのかわかる方法ってあるの?』と思うことありますよね!この記事を読むと・1球目の時点でフェイクセットかスパイクかわかる・防御力もアップ・一番決まる方法がわか...

当然、2球目の石川祐希選手に相手ブロックが飛んでしまうので3球目はノーブロック状態。観てるほうもテンションが上がるプレイなんです!

それがアルゼンチン戦は有効な気がします。石川祐希選手は技術だけではなく”何か新しいことをしてくれる”という期待感がものすごくあるので、海外でも人気があるのが理解できます。

勝つためにはアルゼンチン戦でリベロの働きが重要になる

前回の東京オリンピックではアルゼンチンは3位決定戦で世界ランキング1位のブラジルと戦ってフルセットの末に勝っています。

どうして強豪ブラジルに当時世界ランキング6位だったアルゼンチンが勝てたかというと、理由のひとつに『リベロを狙わない』というのがあったように感じました。

リベロは守備の要です!防御力ナンバーワンの絶対的守護神です!ブラジルのリベロに仕事をさせなかったのが勝てた要因のひとつかなと思いました。

このことがあってアルゼンチンはどちらかというと防御のチームがゆえに、相手の防御を機能させない能力に長けているような気がします。

日本のリベロ、山本智大選手はネーションズリーグでもベストリベロ賞に選ばれています。

ここは絶対にアルゼンチンは警戒しているはずです!山本智大選手はただ守るだけじゃなく、ちゃんと攻撃につながる”守り”をしてくれる選手です!

自分の守備体勢が崩れても、セッターの関田誠大選手がいいトスをあげれるようにボールを拾うことができる『スーパーリベロ』です。

全世界から注目されて警戒されるのはもうしょうがないのです。さらに上をゆく山本智大選手に期待しています!

山本智大選手のような防御の要になりたいかた必見の記事はこちらです!

レシーブ上達のコツ4つ!バレーは位置取りと予測で名リベロになれる
レシーブがうまくなる4つのコツを紹介!リベロ級のレシーバーになるには位置取り・コミュニケーション・基本のフォーム・リーダーシップが必要。この4つがなぜ必要か?防御の要である圧倒的レシーバーはリベロなのでその秘密にせまります!体験談を交えて考...

オリンピック男子バレーがアルゼンチンに勝つには?のまとめ

いかがでしたでしょうか。アルゼンチンも強豪ですが試合を観るのが楽しみになってきませんか?

  • アルゼンチンのブロックを間に合わせない速い攻撃が有効!
  • 石川祐希選手と高橋藍選手のコンビバレーに期待!
  • リベロ山本智大選手の防御力が勝利のカギ

アルゼンチンに勝っていい流れで第3戦のアメリカに臨みたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました